上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
土曜日、朝5時半に出発して行って来ました

8時ごろに到着したけど駐車場がすでに満杯
何とか入れたけれど停めるところがない(係の人!なんで入れんねん!!
周りの方々に許しをもらい、やっと通路端に停めることが出来ました。

今回は大きなビニールハウスのような屋根付きの会場だったので
壁ぎわから隠れながら望遠レンズで写真が撮れました

201406211.jpg

201406212.jpg

201406213.jpg
きゃっ こっち見てる 気づかれた

201406214.jpg
大丈夫だったようです

ハンドラ―さんに引いてもらいリンクを走り、歩き方や身体全体のバランスを見てもらうほかに
筋肉の付き方や関節の様子、歯並びなどを審査する為に身体のあちこちを触る触審があります。
もちろん唸ったり嫌がったりしてはいけないのですが、

201406215.png
こんなとこや

201406216.png
こんなとこ

201406217.png
こ~んなところも触られてます(笑)


まだまだハンドラ―さんに付いて歩くのが精一杯のミハエルですが
頑張ってくれたので今回もカードを頂くことが出来ました

少しずつですがショー会場の雰囲気にも慣れてきました。
覚えないといけないことはたくさんあるけど、
ミハエルが楽しみながら参加出来ればいいなぁと思っています。








スポンサーサイト
2014.06.15 月命日
今日でラルフが旅立って1ヶ月です。

1406151.jpg

ボールが大好きだったね
ディスクも好きで母の投げるヘロヘロのディスクを上手にキャッチしてくれたっけ
股関節が悪いと分かってからはボール遊びだけだったけど
いつも楽しそうに何度も何度も持って帰って来てくれたね。

嬉しそうに母のところに走って来る君の笑顔が大好きだよ
もう少し母の傍に居て欲しかったな。。


1406152.jpg
ラルフの薬とサプリメント
そろそろ処分しなくちゃ…ね
2014.06.10 初孫誕生♪
一昨年嫁に行った(実家に住んでますが…汗)娘がママになりました。
と言うことは私は正真正銘ばぁ~ばになったわけです

ショーから帰って来た夜、予定日より少し早く産気づき病院へ・・・
丸一日頑張って、2日午後11時43分に無事誕生しました。
3,010gの男の子です

生まれてすぐ ↓
DSC_0316.jpg

順調に回復し、昨日9日に退院しました。
DSC_0345.jpg
新米ママと赤ちゃん、生活のリズムが整うまでが大変だけど、
ママがリラックスして子育て出来るようにサポートしていこうと思っています



【おまけ】赤ちゃんに興味津々のミハエル
DSC_0347.jpg

5月31日(土)・6月1日(日)の2日間、大阪・舞洲に行って来ました。

すべてが初めてのことばかりで右も左も分からず、
ルイパパと蘭&龍家・翔&奏多家には大変お世話になりました。
ありがとうございました

1406091.jpg

1406092.jpg

1406093.jpg

ちゃんと走ってくれるか心配でしたが、ハンドラ―のAさんのおかげで
何とかショードッグに見えました(笑) ←ばぁ~ばバカですのでお許しを…


初挑戦ながら2日間ともカードをいただきました
今後の課題は山積みですが、
ミハエルの可能性にかけてショーを楽しみたいと思います


**ミハエルに見つからないように観ていたので写真は撮れませんでした。
  掲載している写真は全て蘭&龍家・翔&奏多家が撮ってくれたものです。
  蘭はは・奏多のばぁば ありがとうございました。
突然ですが… 
ミハエル、ドッグショーデビューしました

1406081.jpg

彼を知っている人はものすごく驚くと思います。
一応、両親ともにショードッグの家系なんですけどね(笑)

以前から父犬のオーナーのルイパパからショーへのお誘いを受けていたのですが
私自身あまり興味がなかったし、何よりルディと離すことに凄く不安があったんです。

が、2年前にミハエルが父親になり、成長した子供に会ったり写真を見た時に
オーナーさん達は父犬のことをどう思っているのかな?と思うようになりました。
ミハエルがチャンピオンになれば喜んでくれるのではないでしょうか?

そんな気持ちもあり、年齢的には遅めですがショーチャレンジすることにしました。


【つづく】
ラルフがいなくなって、もうすぐ3週間。。
今も呼べば『はいはい、なんですか~?』とハウスから出て来そうな気がします。

お友達から飾りきれないくらいたくさんお花を頂きました。
いい男にはキレイな花が似合います♪
皆さまのお心遣い ありがとうございました。

1406021.jpg
お花に囲まれたラルフの遺影を載せるのは、
後に読み返した時に、短時間だったけど最期の苦しい時を
どうしても思い出してしまうので、あえて撮っていません。

私の中のラルフはずぅ~っと笑っていてほしい。。

発病してから亡くなるまで20日間という短い間だったけど、
どうしても助からないなら、せめて出来るだけ苦しまないように…と
出来ること、考えられること、すべてやったつもりです。
だから・・・悔いはない。。と思いたい

逢いたいよ、毎日写真に話しかけてるけど。。
いつでも出ておいで

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。