上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
タイトルだけだと、じーまりの体調が悪いのでは
と、心配して下さる方も多いと思いますが、

じーまりは元気です

ただ、どの子もそうらしいのですが、毛が大量に抜けています。
元々毛量が多い方ではないし、体重もベストよりまだ1キロほど少ないので、
見た目は可哀相なくらいガリガリに見えます。

でも、良く食べ、良く寝て、ウ〇チの状態も Good
運動量も少しずつ増やしているので元気は元気なのです。

はぐみとジャスミンが巣立ってからは
自分から積極的に仔犬たちを遊んだり教育したり…
立派にママしてくれてます

jimari.jpg
時々はこうやって仔犬のオモチャを横取り
自分が楽しんじゃうこともありますが…

スポンサーサイト
お待たせしました~~(笑)
 
本日午前1時半頃、じーまりベビーが無事誕生致しました
先日のレントゲン撮影で仔犬の数は5頭と判っていましたが、
生まれてきた子は男の子2頭、女の子3頭でした

ナント 嬉しいことにレッド&ホワイトも生まれました(男の子1頭・女の子1頭)

jimakko4.jpg

本能とは言え、どの子も一生懸命オッパイを飲んでいます。
すっかりママになったじーまりは、幸せそうにお乳を与え、
誰も教えないのに甲斐甲斐しくベビー達のオチッコ&ウンPの世話をしています

もちろんベビー達は五体満足、じーまりも元気
待望の子達 巣立つ日まで大切に育んで行きたいと思います


【くたくた日記】は当分の間育児日記になると思いますので、ヨロシクお願いします。


どうしても、じーまりのことが多くなってしまうけれど…
ラルフ・コリーナ・エルジ・キャロル・未来・永遠。。モチロンみんな元気ですよ~

マタニティじーまりさん、そろそろお腹が目立って来ました
gimari4.jpg
どうでしょう? 分かりますか??

ついでに今日のお昼ごはん
081007_150801_ed.jpg
いつもの雑穀玄米を豆乳で炊いてみました

普段ワンコに穀類は与えていませんが、仔犬の成長に必要なエネルギーになるのでお昼ごはんとして食べさせています。
その際、豆類を加える事で不足する栄養素を補えるそうです。
ワンコにとって穀類は消化し難いので、柔らかく炊いた雑穀玄米をさらに30分以上炊き込んでリゾットにしています。
トッピングはいつものブロッコリースプラウト…葉酸を多く含んでいます。


2008.10.05 出産準備
出産予定日まで2週間をきりました

そろそろ準備をしていこうと思い、まず最初に産箱を作る事に… 
本で読んだことを真似て、段ボール板を購入し、設置場所に合わせてサイズを決め慎重にカット
高さは30㎝にして、じーまりが出入りする所を作りました。
仔犬が生まれたら扉をつける予定です。

で、出来上がったのが
081005_155636.jpg
  90cm×110cm×30㎝ (大きさの比較にと直径30㎝のミニテーブルを入れてみました。)

頑張って作ったのに、肝心のじーまりはちっとも入ってくれず、ラルフや永遠のお昼寝場所になっています
嬉しいご報告です

じーまり、来月ママになります。
先日のエコー検査で妊娠が確認出来ました。
まだ確かな頭数は分かりませんが、胎仔の入っている袋が3つは見えるので3頭は確実だそうです。
出産予定日の1週間くらい前になったらレントゲン検査をする事で何頭いるか分かります。
jimakko.jpg
   画面中央に白く丸く写っているのが袋で、中の黒いところは羊水
   真ん中にある白い影が胎仔

先月の交配後から、大事をとって散歩は歩くだけ…で、かなり不満そうです。

じーまり (血統書名: BORDER FLIGHT JP'S GINA MARIA)
gimari1.jpg
gimari3.jpg

俗に言う一般愛犬家が繁殖をする事には、色々なご意見があると思います。
私も、じーまりを迎えた当初は『子供を産ませる』なんて考えてもいませんでした。
1年・2年一緒に暮らして来て、ボーダーらしく活発でありながら、しっかりオン・オフの切り替えが出来る。もちろん従順であるのは言うまでもありません。
小さい時からとても頭が良く、ラルフが怒られているのを見ていて同じ悪戯は決してしない子でした。
(要領が良いとも言えますが…)
そして、何時しかこんなにいい素質は残しても良いのではないか?残すべきなのではないか?と思うようになりました。

が、じーまりがボーダーのスタンダードから大きくかけ離れていたり遺伝性疾患を持っていたら、今日に至る事はなかったでしょう。
2年前の夏、ルイパパの親しくされているオーストラリアのブリーダー・マリリンさんが来日された時に、“ルイルイパーティー”でドッグショーをしました。 
じーまりは両親ともショードッグの家系ですが、ショーには出した事はありません。 なので私はショーマナーもハンドリングの仕方も知らないし、じーまりはステイポーズも決める事は出来ません。
たくさんのショー経験犬(チャンピオン犬もいた)の居る中、ジャッジをしていたマリリンさんから3位を頂きました。
余談ですが、この時コリーナも一緒に出た事で、コリーナはスタンダードからかなり外れていると知り後に避妊手術を受けました。(出来ればマールの子を産んで欲しかったのですが…)

私はいくら可愛い自分の子でも、ボーダーコリーの犬質を下げるような繁殖はしてはいけないと思っています。 ですからお婿さん選びはとても重要で大変な事でした。


今までも繁殖するしないに拘らずワンコズの健康管理には気を使ってきました。
それに加え、今春はじーまりの交配の為に必要な検査をしました。

 ・腎臓・肝臓の検査(血液と尿検査)
 ・眼底検査
 ・レントゲンによる股関節検査
 ・CEA/TNSのDNA検査
 ・CLのDNA検査(既に検査済み)
全ての検査で正常・クリアの結果を得て、交配する決心を致しました。

お相手はSKY HIGH BORDER COLLIES の Rupert 君です
rupert1.jpg
rupert3.jpg
rupert2.jpg

じーまりにとって、この上ない素晴らしいダンナさまです

ここまで来れたのは、ルイパパをはじめ、じーまりのブリーダー(BORDER FLIGHT KENNEL)、いつもお世話になっている病院の先生方、そして相談に乗り応援してくれた友人達のお陰です。
本当にありがとうございます。

じーまりは頑張って元気で可愛い仔を産んでくれると思います。
皆さま、これからも温かく見守ってくださいね

 




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。